虫の標本づくり

虫の標本づくり

今週の理科実験クラス(小2)のテーマは「虫と昆虫」。

10月の実験は3回にわたりこのテーマで行ってきました🐞

 

1回目・2回目と虫の観察をじっくりと行い、分類しながら系統樹を作成してきました✎

足の数、羽の模様、触覚の有無、背中の色、空を飛べるかなど・・・様々な基準をもとに観察をすると、その虫の特徴や育つ環境などが見えてきて面白いですよね!(^^)!

 

そして3回目は、待ちに待った「標本づくり」。

↓↓作り方のステップはコレ♪↓↓

 1 レジンを入れる。

 2 しばらく待つ。

 3 標本にするものを入れる。

 4 レジンを入れる。

 5 次回の授業まで待つ。

 

レジンの主剤と硬化剤を2:1の割合で混ぜ合わせ、型に流していきます。

ポイントは空気の泡ができないように、ゆっくりと丁寧に混ぜること!!

 

 

 

子どもたちも初めての標本づくりにドキドキしながら、

きれいに仕上がるようにとても丁寧に作業をしていました😊

 

 

さっそく自分の標本に名前を付けて、愛着が湧いている子も( ´艸`)

標本にすれば劣化や匂いも気にならず、きれいな状態をずっと観察できます。

 

家に持ち帰った後もずっと大切にしてほしいものです😊

≪次の記事 

≫前の記事 

このページの先頭へ