電気分解

電気分解

2021年度・小学生理科実験(小2)の最後の実験テーマは 電気分解

 

授業の導入部分はこんな感じでした。


 

講師:
電気分解は、「電気を分解」するのではなく、「電気で分解」する実験です!

生徒:
なにを~?

講師:
水!

生徒:
水!?

生徒:
水は分解しても水でしょ!

 

≪つづく≫


 

 

まぁ、そう思いますよね(^^;

今回の実験では水に電気を流して、水素酸素 に分解する実験を行いました。

 

 

この実験で重要なポイントの1つが、「水素が酸素の2倍発生する」ということ。
酸素(O)・水素(H)・水(H2O)など、原子や分子についての話をからめて2倍になる理由を説明すると、
みんな興味津々に聞いていました(^^)

 

最後に「おまけ」として、BTB溶液を入れて電気分解をしてみると。。。

 

 

マイナスの電極(水素)側が青く、プラスの電極(酸素)側が黄色くなりました!

「水酸化物イオン」と「水素イオン」が関係する少しややこしい反応なので、子どもたちへの説明はまたの機会に。。。

≪次の記事 

≫前の記事 

このページの先頭へ