結晶づくりにチャレンジ!

結晶づくりにチャレンジ!

今週の幼児クラス(年中)の実験テーマは「はりのかたちのけっしょう」。

結晶と聞くと雪の結晶が有名ですが、今回は雪ではなくて「やくひん」を使って結晶を作っていきます⛄

 

使う薬品によって、できる結晶の形がかわりますが、

薬品はそのままでは結晶にならないので、キラキラした結晶にするためには、

 

  1. あたためてとかす
  2. ひやす

 

という手順がとても大切です👆

 

今回使う「塩化アンモニウム」は、試験管のなかで雪が降るような結晶を作ることができます🌨

試験管はガラスなので、落とさないように注意しながら、溶けにくい薬品をしっかりと溶かしていきます↓↓

 

 

溶かすことができたら、あとは冷えて結晶になるのを待ちます。すると・・・

 

一足先に雪の気分を味わうことができました(^▽^)/❅

 

 

 

二つ目の薬品は「パラジクロロベンゼン」。

防虫剤として使われる薬品から、はりのかたちの結晶を作っていきました✨

 

 

ライトを当てると、よりキラキラとした結晶をみることができます。

こどもたちも釘付けです👀

 

粉状だった薬品が、きれいな結晶となってでてくる様子はとても神秘的ですね😊

≪次の記事 

≫前の記事 

このページの先頭へ