冬といえば「静電気」!

冬といえば「静電気」!

今週の幼児クラス(年長)の実験は「せいでんきのすごいパワー」。

冬になると「せいでんき」に悩まされることが多くなりますよね・・・💦
今回はそんな「せいでんき」のおもしろいはたらきについて学んでいきました✍

 

授業の始まりは、先生の魔法のパワーで盛り上がります。

パイプをティッシュでこすり、そのまま空き缶に近づけると・・・

 

アルミ缶がパイプについてきました!!

子どもたちも「なんで!?」と不思議そうに見つめます👀

 

もちろんこれは、先生の魔法ではなくて、科学の力です💪
今回のテーマである「せいでんき」の「ものをくっつけるはたらき」を使っています。

しくみが分かったところで、みんなもやってみます↓↓

 

 

「せいでんき」は「でんき」なので、電池と同じように+と-があります🔋

+の静電気と、-の静電気はお互いにくっつこうとするため、このように面白い実験ができました😊

+の静電気と、+の静電気のように同じ文字の静電気は「はなれる」はたらきがあるので、こちらも実験を通して確認していきます↓↓

 

 

触れるとバチッとなって嫌われがちな「せいでんき」ですが、身近な現象を科学の視点から見つめてみると、面白い一面も見えてきますね👀

 

≪次の記事 

≫前の記事 

このページの先頭へ